透析部門

透析看護科・CE科

 

透析室のスタッフ紹介をご覧頂きありがとうございます。

現在看護師6名、臨床工学技士6名、看護助手2名が透析治療に従事しております。

         DSC_0255.jpg

当院透析室は透析治療をできるだけ心地よく快適に受けていただくための環境作りを心がけております。看護師は透析治療のみならず合併症の予防、早期発見に取り組んでおります。糖尿病をお持ちの透析患者様が増加するに当たり、足の病変に対し足の傷などから病状が進行しないようにフットケアを中心としたケアを行なっております。また、日々の食事管理に対し困ったことがあった場合、患者様御本人からはもちろんのこと、ご家族の方からのご相談も受け付けており、必要であれば管理栄養士による栄養指導を受けられるよう調整も行なっております。相談内容に関しましては、食事管理のことのみならず、透析患者の高齢化に伴っての日常生活全般における問題も受け付けておりますので、いつでもご相談いただきたいと思っております。

臨床工学技士は患者様の治療を安全に行うために機械のメンテナンスを日々行なっており、万一のトラブル発生時にも患者様の安全を第一に考えた対応を心がけております。



看護助手は患者様が心地よく透析を受けて頂けるように寝具や食事の準備などを主に行なっており、患者様の行為手伝いなど、ケアの部分も行なっております。

このように、看護師、臨床工学技士、看護助手で、患者様に安心・安楽な治療を提供していきたいと常日頃から力を合わせ努力しております。明るいスタッフがそろっておりますので、どうぞお気軽にお声をかけてください。