設備紹介

 総合病院にもひけをとらない最新の医療設備をご紹介します。


CT

 全身が撮影できる最新のCTを導入しました。
 ⇒ CT検査について


経鼻内視鏡

経鼻内視鏡

のどの診察をするときに、舌の奥をヘラでおさえられたときに「オエッ」となった経験をした事があると思います。これは咽頭反射(いんとうはんしゃ)といい、口から内視鏡を入れた際に舌の根本に内視鏡があたり、多少なりともこのような反応が起きてしまいます。

ところが鼻から入れる場合は内視鏡が舌の根本に触れないので、ほとんど吐き気をもよおすことなく検査を行うことができます。

また、口からの内視鏡の場合、口がふさがってしまうので検査中は話ができません。しかし、鼻から入れる場合には口を自由に動かすことができるので、スタッフと会話ができ、内視鏡で撮影した映像を見ながら気になったことをその場で確認できるので、安心して検査を受けることができます

胃内視鏡検査について


キセノン光治療器

キセノン光治療器

 キセノン光治療器は近赤外線(太陽光線の波長の一部)を使用してこのような痛みを緩和し症状の改善を図ります。血流改善、生体組織の活性化、筋・関節拘縮の改善等、様々な疾患に応用され、内科・整形外科・リハビリテーション科、ペインクリニックなどの各科で幅広く活用されています。