透析について

 当院透析室は、クリニックが平成15年に開院。その6年後現在の場所に新築移転してから現在に至る歴史と共にこの美しが丘で治療を行っております。現在では約80名の患者様の治療を月水金は午前午後の2部。火木土は午前のみの1部で行なっております。

  R0011505.jpg

現在全国の透析患者数は遂に30万人を突破しました。その中でも糖尿病からの腎不全による透析患者様が非常に多くなってきています。糖尿病の患者様は動脈硬化が進行することがあり、そのため心臓や足の血管が細くなり血流が悪くなることがあります。当院で以前より、いち早く取り入れたオンラインHDFという治療方法は動脈硬化の進行を遅くしたり、血圧低下を起こりづらくさせるなど様々な論文報告がされています。

また、透析液の清浄化にも力を入れており、厚生労働省が認めた水質管理確保加算2を取得し、日本透析医学会推奨の厳しい基準をクリアしたとてもキレイな透析液をご提供しています。

室内はオレンジを基調とした暖かみのある空間となっており、各ベッドには液晶テレビを設置し透析中に一般放送をご覧になることができます。
ご使用になるタオル類、スリッパ、イヤホンなどは無料でご用意させて頂いております。各ベッドのタオル類は患者様ごとに交換しており、常に清潔を保てるようにし、他の患者さまに気を遣うことなく心地よく透析を受けて頂ける環境作りを心がけております。

皆様に安心・快適を提供するために・・・・・

キセノン光治療器

キセノン光治療器

 透析患者様は1週間に2~3回、ベッドの上で半日を費やす透析治療を受けられています。ベッドの上での長時間の治療は大変苦痛なものです。更に、透析治療を受けられている患者様は骨がもろくなりやすいこともあり、腰痛や関節痛でお悩みの方も多くいらっしゃいます。

キセノン光治療器は近赤外線(太陽光線の波長の一部)を使用してこのような痛みを緩和し症状の改善を図ります。当院透析室では、透析治療が少しでも快適になるようにキセノン光線治療を透析中に行っております。


またこのキセノン治療器は、血流改善、生体組織の活性化、筋・関節拘縮の改善等、様々な疾患に応用され、内科・整形外科・リハビリテーション科、ペインクリニックなどの各科で幅広く活用されています。

メドマー

透析患者さまの抱える悩みとして、足のむくみやムズムズ感などがあげられると思います。要因としては、動脈硬化症による循環動態の不良、筋力低下による筋肉のポンプ作用の低下、リンパ浮腫などが考えられます。

当クリニックでは、そういった症状を緩和する目的として「メドマー」を取り入れ使用しております。「メドマー」とはエアマッサージ器のことです。空気が送り込めるようになっているブーツを足全体に履いて頂き、加圧・除圧を繰り返すことで、本来ある筋肉の収縮・弛緩によるポンプ作用を助け、血行を促進する作用があります。

「メドマー」は透析中に寝たままで行うことができ、15~20分程度で終了します。ご要望のある方はお気軽にご相談下さい


送迎のご案内

送迎車

 保坂内科クリニックでは透析治療を受ける患者様の送迎を無料で行っております。ご自宅の玄関までお迎えに参りますので、お時間までご自宅でお待ちになってください。送迎は少人数で行っておりますので他の患者様宅を廻るために 長時間車で揺られるという苦痛はございませんのでどうぞご利用ください。


管理栄養士より

毎日かかさず行うものの1つに「食事」があります。 透析患者様は普段からリンやカリウム等の栄養成分に気を付けながら食事をしている事と思います。 皆様の食事に対しての不安や疑問に書面を通して少しでもお役に立てたらと、 このたび、「食事通信」を発行する事となりました。普段なにげなく不安に思っている食材についてのワンポイントや、 簡単にできるお料理レシピなどを掲載していきます。どうぞご利用ください。

 

臨時透析のご案内

 保坂内科クリニックではお仕事やご旅行などで清田区周辺に滞在される方の臨時透析を受け付けております。滞在される際の透析病院をお探しでしたら当クリニックをご利用ください。


 尚、臨時透析の申し込みはお電話でお願いいたします。
※透析時には患者様の透析の条件・体重・使用薬剤の内容等が必要になりますので、かかりつけの透析室からの紹介状が必要になります。あらかじめご了承ください。