黒板 2018.4月 「男性に多い病気~痛風~」

男性に多い病気H30.04.jpg
~痛風~

痛風とは、食品の旨み成分であるプリン体が血液中で分解され尿酸となり、その結晶が関節にたまり炎症と激しい痛みをひき起こす病気です。

原因
 過剰の飲酒・過食、
 運動不足、ストレス
症状
 関節痛
 (主に足の親指のつけ根)
予防
 飲酒を控える
 ビールはもちろん飲酒
 自体が尿酸を上昇
 プリン体の多い食品
 を控える
 レバー、白子、干物、干し椎茸

プリン体は8割は体内で、2割は食事から生成され、尿中に排泄されます。
肥満の方は排泄が悪くなります。

痛風の方は高血圧、高脂血症、糖尿病など生活習慣病を伴っていることが多いです。

成人男性の約2割が痛風または痛風予備軍

尿酸値血液検査でわかります。
検査を受けてみましょう‼



(保坂内科クリニック 医療安全委員会より