黒板 2018.2月 「カイロでの低温やけどに注意」

カイロでの低温やけどに注意

H30.02.jpg
  寒くてカイロが手離せない
季節になりましたね。
  今回はカイロでの低温やけどを
防ぐ注意点をお伝えします。

「低温やけど」とは??
  体温より少し高い温度のものを
長時間あてていると赤くなったり
水ぶくれなどをおこすやけどで
じっくりと深部まで進行するので
治りにくい場合があります。

それを防ぐには??

1 直接肌にあてない。
2 ふとんの中就寝時に使わない。
3 熱を感じたらはがす。
4 カイロを圧迫しない。
5 長時間の使用は
 1時間に1度肌を確認。
6 暖房器具と併用しない。


















(保坂内科クリニック 医療安全委員会より