黒板 2015.1月 「雪かきは腰痛の危険がいっぱい」

H27.1黒板.JPG
雪かきは腰痛の危険がいっぱい

北国で暮らす以上、必ず冬にはしなけらばならない雪かき。「腰痛」になる人も少なくありません。

今回は雪かきの際の「腰痛予防法」を紹介します。

筋肉は寒さでドンドン固くなるので雪かきの前に体を動かして十分に筋肉をほぐしましょう。
例)膝の曲げ伸ばし:10回、肩と腰回し:各10回など

スコップを使用する時、膝を伸ばしたまま腕の力だけで雪を持ち上げることは、腰に負担がかかるためしっかり腰を落として雪をすくうことが大切です。

雪かきの時は、「ママさんダンプ」を使用すると腰への負担が軽く腰痛予防になります。

無理はしないように冬を乗り切りましょう。


(保坂内科クリニック 医療安全委員会より)