黒板 2014.7月 「寝冷えによる症状と対策」

寝冷えによる症状と対策H26.7黒板.JPG

寝冷えによる症状は様々
下痢・腹痛・肩こり・むくみ・関節痛など

=対策=
・体は熱くなると冷やす方に働きます。入浴は寝る1時間前にすませましょう。

・寝るときに靴下は逆効果!!
腹巻き、レッグウォーマーがおすすめ。

厚手のカーテンを閉め、窓際で寝ない。
冷気を室内循環させて直接体にあてない。

体を冷やさない、かつ温めすぎないことです!!



(保坂内科クリニック 医療安全委員会より)